投資で実現!不労所得生活
🏠起業に関して会社を持つということとは

会社を持つということとは

最終更新:

安全を捨て自由を選ぶ

従業員、サラリーマンを辞めて起業するということは、自由を選ぶということですが、それと同時に安全を手放すということでもあります。 ロバート・キヨサキの金持ち父さんは、「世の中で一番安全なのは刑務所だ」と言っています。 厳重に警備されているので安全だけど、そこには自由はほとんどありません。

自由を手に入れるには、安全を手放すという覚悟を持たなければいけません。 それができたとき、初めて本当の自由を手に入れる道が開かれます。

従業員を持つ会社を作るときに考えるべきこと

会社を作り、自由を得るということは、その会社が果たすべき責任も一緒についてくるということです。 特に、従業員を持つ会社を作ったときには、

  • 従業員のしあわせ
  • 会社の利益
  • 社会への貢献

について考えていかなければいけません。

事業計画はもちろん重要ですが、会社として従業員とどう関わっていくのか、社会にどう貢献するのか、社会をどう変えていきたいのかを考えられるとよいですね。

🏠起業に関して会社を持つということとは
投資で実現!不労所得生活