投資で実現!不労所得生活
🏠起業に関して会社員タイプと起業家タイプの人の考え方の違い

会社員タイプと起業家タイプの人の考え方の違い

最終更新:
現代の社会では、よい企業に就職し、昇進していくことが成功だと教育されています。一方で、起業家タイプの人は、異なる考え方を持っています。ここでは、会社員タイプの人の考え方と、起業家タイプの人の考え方を比べてみましょう。
会社員タイプ 起業家タイプ
組織の階段を登りたいと思う。昇進した人が勝ち組だと思っている。 組織そのものを所有しようと考えている。
階層化された組織で働くことに疑問を抱いていない。 横の繋がりを重視し、人/時間/お金を最大限に活かすべきだと考えている。
安定した給料に価値を見出す。目先のお金を重視するため、給料が減ると、働く気力までなくなってしまう。 常に自分の価値観に従って行動している。目先のお金より、自分が目指しているところに一歩でも近づくことを重視するため、何があっても情熱はなくならない。
命令したら従ってくれる部下が欲しい。誰よりも上に立ち、誰よりも大きな成果を上げたいと思う。 それぞれの人に適切な役割がある。全員が協力することで大きなビジネスを成功させたい。
ひとつの分野で専門家にならないと食べていけないと思う。だから、完璧な知識を身につけたいと思っている。 多くの分野について広く浅く知るべきだと考えている。もちろん、すべてを知ることはできないため、他の分野の専門家とうまくやっていくことがとても重要だと理解している。

もし、あなたが既に「起業家タイプ」の考え方をしているのであれば、新しいビジネスをスタートさせる準備は既に整っていると考えてよいでしょう。 逆に、まだ起業する予定はないという人でも、起業家の考え方を知ることで、よりよい働き方を見つけるヒントになるでしょう。

新しくビジネスを始めるときには、将来的に誰かに運営してもらうことを想定して計画を練らなければいけません。 他の人にまかせられるということが、ビジネスを拡大させるための必須条件です。 大規模に展開しているお店が採用している「フランチャイズ」というビジネスモデルは、本部のリソース消費を抑えつつ事業規模を拡大していく仕組みです。 まずは、このように成功しているビジネスモデルについて学んでみるのがよいでしょう。

🏠起業に関して会社員タイプと起業家タイプの人の考え方の違い
投資で実現!不労所得生活
サイトマップまくへのメッセージ