投資で実現!不労所得生活
🏠証券外務員メモ(2-2) 債権業務

外務員試験 (2-2) 「債権業務」の出題パターン

最終更新:

1 債権の基礎知識

問題 答え
特定社債とは、金銭債権、不動産など、様々な資産を裏付けとした資産担保証券で、特定目的会社が発行するものである。
既発行の利付債権を売買する場合には、直前利払日の翌日から受渡日までの期間に応じて、売方から買方に経過利子が支払われる × 経過利子は買方から売方に支払われます。

3 流通市場の概要

問題 答え
債権の取引は、取引所市場における売買が中心であり、店頭市場における取引はほとんどない × 債権の売買は店頭による取引が中心(99%以上)です。

5 債権の売買手法

問題 答え
債権の売買手法で、着地取引とは、一定の条件で債権を受渡しすることをあらかじめ取り決めて行う売買取引で、約定日から受渡しまでの期間が3か月以上となる取引をいう。 × 約定日から1か月以上先(翌月の応答日以降)に受け渡しする場合をいいます。

6 転換社債型新株予約権付社債(転換社債)の流通市場

問題 答え
パリティ価格とは、株価と転換価額から計る転換社債型新株予約権付社債の理論価格のことである。
🏠証券外務員メモ(2-2) 債権業務
投資で実現!不労所得生活
サイトマップまくへのメッセージ