投資で実現!不労所得生活
🏠証券外務員メモ(2-3) 投資信託及び投資法人に関する業務

外務員試験 (2-3) 「投資信託及び投資法人に関する業務」の出題パターン

最終更新:

3 投資信託の種類

問題 解答
株式と債権の両方を一定の割合ずつ組み入れるファンドは、公社債投信に含まれる × 株式投資信託に含まれます
公社債投資信託は決算日の基準価額でしか購入(追加設定)できない。
マザーファンドとは、その受益権を投資信託委託会社自らが運用の指図を行うほかの投資信託に取得させることを目的とする投資信託をいう。
毎月分配型投資信託の分配金については、ファンドが得た収益を超えて支払われることはない × 収益を超えて分配金が支払われることもあります

5 証券投資信託の運用

問題 解答
委託者指図型投資信託の信託財産に組み入れた有価証券に係る議決権については、投資信託委託会社の指図に基づき受託会社が行使する。

7 証券投資信託の基準価額の計算、決算、分配、換金及び償還

問題 解答
クローズド期間とは、投資信託約款によりあらかじめ配当を行わないと決めた期間のことである。 × 解約請求することができない期間のことです。
追加型投資信託の分配金で課税対象となるのは、元本払戻金(特別分配金)である。 課税対象となるのは普通分配金の方です。
🏠証券外務員メモ(2-3) 投資信託及び投資法人に関する業務
投資で実現!不労所得生活