投資で実現!不労所得生活

MetaTrader/MQL: 新しいチャートを開く (ChartOpen)

更新:
作成:

ChartOpen 関数 を使うと、指定した通貨ペア、時間足のチャートを開くことができます。 下記は、ドル円の週足チャートを開く例です。 ChartOpen 関数が返したチャート ID を使って、開いたチャートの設定を行うことができます。

Scripts/Hello.mq5
void OnStart() {
    // 週足チャートを開く
    long chartId = ChartOpen("USDJPY", PERIOD_W1);
    if (chartId == 0) {
        // オープンに失敗した場合(シンボル名がおかしいとか、チャートを開きすぎとか)
        Alert("Could not open a new chart: ", GetLastError());
        return;
    }

    // 開いたチャートを設定する
    ChartSetInteger(chartId, CHART_MODE, CHART_LINE);  // ライン形式
    ChartSetInteger(chartId, CHART_SHOW_VOLUMES, CHART_VOLUME_TICK);  // 出来高
    ChartSetInteger(chartId, CHART_SHOW_GRID, false);  // グリッドを非表示
}

カレントチャートと同じ通貨ペアのチャートを新しく開きたい場合は、第 1 引数で "USDJPY" と指定しているところを NULL に置き換えれば OK です。 第 2 引数で指定する足のタイムフレームには、ENUM_TIMEFRAMES 型のいずれかの値を指定します。 PERIOD_CURRENT を指定して、カレントチャートと同じタイムフレームを指定することもできます。

関連記事

投資で実現!不労所得生活
サイトマップまくへのメッセージ