投資で実現!不労所得生活

📁 保険について学ぶ

/p/tkt7bha/index.jpg

社会保険と私的保険

/p/tkt7bha/index.svg

保険は大きく分けて 2 種類、国が制度として定めている公的な保険(社会保険)と、民間の保険会社などが提供している私的保険があります。 日本は国民皆保険であり、全員が何らかの社会保険に加入していることになるため、社会保険でカバーできない部分を、私的な保険でカバーすることになります。 逆に言えば、社会保険でカバーできていることを、余計なお金を払って民間の保険でカバーする必要はないということです。 その判断をするためは、

  • 自分がどのような社会保険に加入しているのか?
  • それぞれの社会保険が、どのような条件で、どのような給付を行ってくれるのか?

といったことをちゃんと把握しておく必要があります。 まずは、社会保険制度について詳しく学んでいきましょう。

社会保険(公的保険)

国民の最低限の生活を保障するために国が定めている制度として、社会保険制度があります。 病院での自己負担が 3 割で済んだり、年金がもらえたり、労災時に給付があるのは、この社会保険制度に加入しているおかげです。 社会保険は大きく分けて、下記の 5 つに分類することができます。

狭義の社会保険

労働保険(労働者を 1 人でも雇っている事業主は加入義務あり)

任意保険(民間保険)

民間の保険会社が販売している保険は、万が一のときに備えて任意で加入するものです。 社会保険でカバーできない部分の備えです。

年金

年金は老後の生活資金を準備するためのものです。 日本国民全員が加入する公的年金に加え、企業が労働者のために提供している企業年金、民間の保険会社などが提供している個人年金などがあります。

  • 公的年金保険: 国が定めている社会保険のうちの一つで、全員が加入
  • 企業年金: 企業がそこで働く人のために用意している年金制度
    • 確定拠出型の企業年金/厚生年金基金/確定給付企業年金/中退共(中小企業退職金共済制度)
  • 個人年金保険 : 個人が民間の保険会社などと契約して老後に備える
    • 定額個人年金保険/変額個人年金保険
  • 自営業者のための年金: 事業主や国民年金の第 1 号被保険者が加入できる年金制度
    • 国民年金基金/付加年金/小規模企業共済
投資で実現!不労所得生活
サイトマップまくへのメッセージ