投資で実現!不労所得生活

トレステ/関数/Momentum 関数 - 現在の足のモメンタムを求める

更新:
作成:

Momentum 関数の使い方

Momentum 関数は、現在の足のモメンタム(n 本前の足との価格差)を返します。 第1引数に使用する価格の種類 (OHLC)、第2引数に何本前の足と比べるかを指定します。

14 本前の終値との差分を求める
Value1 = Momentum(Close, 14);

Momentum 関数は単純に価格差を返しますが、比率(パーセンテージ)で求めるには次のように RateOfChange 関数を使用します。 RateOfChange が返す値は、価格に変化がないときは 0、価格が 50% 上がっているときは 50 になります。

14 本前の終値からの変化率(騰落率%)を求める
Value1 = RateOfChange(Close, 14);

Momentum 関数の実装

Momentum 関数の実装はとてもシンプルです。

Momentum 関数の実装
inputs: Price(numericseries), Length(numericsimple);

Momentum = Price - Price[Length];

RateOfChange 関数の実装は次のようになっています。

RateOfChange 関数の実装
inputs: Price(numericseries), Length(numericsimple) ;

if Price[Length] <> 0 then
    RateOfChange = (Price / Price[Length] - 1) * 100
else
    RateOfChange = 0;

関連記事

投資で実現!不労所得生活
サイトマップまくへのメッセージ