投資で実現!不労所得生活

EasyLanguage: RGB関数(RGBの各値を合成して32ビットカラー値を作成する)

更新:
作成:

RGB 予約語を使用すると、RGB の各成分の色情報を合成して、32 ビット整数の RGB 値を生成することができます。

RGB(nRed, nGreen, nBlue);

下記のサンプルコード(インジケーター)では、RGB 予約語の戻り値をログ出力しています。

once begin
    ClearPrintLog;
    Value1 = RGB(255, 0, 0);  // = Red (255)
    Value2 = RGB(255, 255, 0);  // = Yellow (65535)
    Value3 = RGB(255, 0, 255);  // = Magenta (16711935)
    Print(Value1:0:0);
    Print(Value2:0:0);
    Print(Value3:0:0);
end;
実行結果
255
65535
16711935

関連記事

投資で実現!不労所得生活
サイトマップまくへのメッセージ