投資で実現!不労所得生活
🏠コラム・勉強証拠証券と有価証券

証拠証券と有価証券

最終更新:

法律上、証券は 証拠証券有価証券 に分けられます。 証拠証券は何らかの権利があるという事実を示しているだけなのに対し、有価証券には権利(財産権)そのものが結合しています。 有価証券は持っているだけで、そこに記載された範囲の権利を行使することができます。有価証券には権利が結合しているので、有価証券を他の人に譲渡することにより、その権利自体を譲渡できるということです。

  • 証拠証券(権利の存在を表す)
    • 例: 預金通帳、預金証書、保険証券、借用証、受取証書、領収書など
  • 有価証券(権利が結合している)
    • 資本証券(例: 株券、債権など)
    • 貨幣証券(例: 手形、小切手など)
    • 商品証券(例: 船荷証券、倉荷証券など)

有価証券は、上記のようにさらに分類して考えることができますが、一般的に「証券」や「有価証券」という表現は、ほとんどの場合は「資本証券」を表しています。個人投資家にとっておなじみの「株」や「社債」などは、この資本証券にあたりますね。

🏠コラム・勉強証拠証券と有価証券
投資で実現!不労所得生活