投資で実現!不労所得生活
🏠コラム・勉強トレードノートに何を記録しておくべきか

トレードノートに何を記録しておくべきか

最終更新:

FX や金融商品の取引において、下記のような取引記録を残しておくと、後からいろいろな分析に利用することができます。

  1. 取引日 (Trade date)
  2. 商品名 (Market traded)
  3. ポジション (Position taken)
  4. 仕掛け時間と約定値 (Entry time and price)
  5. 手仕舞い時間と約定値 (Exit time and price)
  6. 取引理由 (Trade reason)
  7. 取引手法 (Trade method)
  8. 手数料 (Trade commission)
  9. 損益 (Profit and loss)

取引記録を残さずに、取引ごとに一喜一憂していると、長期的なパフォーマンスやトレード手法の向上のために役立てることができません。 このような記録が残っていれば、例えば、下記のような分析に利用できます。

  • トレード手法の癖と損益の関係
  • どの時間帯の成績がよいか
  • 平均利益と平均損失の pips 数
  • 最適なポジションサイズ
  • 最大損益と最大損失

損失が出たときにも、それを記録として残しておけば、今後の利益に結びつけることができます。 最初は面倒に感じるかもしれませんが、Excel などを使って記録をつけることを習慣化しましょう。

🏠コラム・勉強トレードノートに何を記録しておくべきか
投資で実現!不労所得生活