投資で実現!不労所得生活
🏠財務分析消費者物価指数とは

消費者物価指数とは

最終更新:

CPI とは

消費者物価指数 (CPI: Consumer Price Index) は、家計が消費する商品の物価を指数化したもので、総務省統計局が毎月公表しています。CPI は、実際の物価よりもインフレ気味になることが知られています。なぜなら、CPI が決まった種類の商品から計算されるのに比べ、実際の消費者は相対的に安い商品を選んで購入することができるという違いがあるからです。

土地や住宅などの不動産価格、保険料、直接税などは対象としていません。 消費税がかかる商品を対象にしていると考えればよいでしょう。

コアCPI/コアコアCPI

コア CPI

CPI の総合指数から「生鮮食品」を除いたものです。 生鮮食品は天候や気候によって価格が大きく変化するため、この影響を小さくするために求められています。 日銀が金融政策の判断に用いているのは、このコア CPI です。

コアコア CPI

総合指数から「食料(酒類を除く)及びエネルギー」を除いたものです。 総合から除かれるエネルギーとしては、「電気代」「都市ガス代」「プロパンガス代」「灯油代」があります。 米連邦準備理事会 (FRB) の消費者物価指数はこれを指しています。

🏠財務分析消費者物価指数とは
投資で実現!不労所得生活